地球環境にやさしいとされる自然エネルギーの導入が加速しています。
一般家庭でも屋根を活用して太陽光発電をしている家庭をよく見かけるようになっています。
しかし一般家庭の場合、地球環境のためを意識するという目的以上にやはり節電による家計への影響を検討した結果の場合のほうが多いことでしょう。
ただせっかく太陽光発電を取り入れても、明るい時間帯だけ発電するわけで本当に家庭で多くの電力を消費する夜間に合すことができません。
日中に発電した余剰電力を売電しているということがほとんどでしょう。
そこで蓄電システムと併用することで、日中に太陽光で発電した電力を夜間も使用することができます。
導入にはコストがかかっても、自然エネルギーを使い続けることができるので、ランニングコストの面で節約効果がさらに増してきます。
さらに災害時の場合、蓄電システムが稼働する限りにおいて、自宅で電力を使用し続けることができます。
いざという時にいっそう電力は貴重なものとなり、その復旧までの時間、相当の不安を感じることになります。
あえて災害時の対応だけを意識して蓄電システムを導入するという必要は一般家庭にはないでしょう。
しかし太陽光発電との併用によって、自然エネルギーを最大限活用したとてもクリーンで、しかも電力の節約効果のある暮らしができるようになります。