バブルが崩壊して以降、徐々に日本人の労働に対する価値観が変わってきました。
昭和の時代には、年功序列、終身雇用制などが当たり前でしたので、会社のためにサービス残業や休日出勤などをいとわないような働き方が当たり前でしたが、現在では、当たり前のようにリストラされますし、お給料も納得のいくレベルを貰っていないという方が多いために、そこまで会社に熱意をもって働いている方が少なくなってしまいました。
会社は単純にお給料をもらうためだけの場所で、出世などにも興味がないために、飲み会であったりキャンプなど仕事以外のイベントに消極的な社員も増えております。
これは時代だから仕方がないと思ってしまうのか、それともこんな時代だからこそ愛情をもって働いてもらいたいと思うのかは経営者次第なのです。

会社に愛情をもって働いてもらいたいと思うのでしたら、まずは働いていて面白いと思ってもらえるようなやりがいを与えることです。
自分だけしかできない、自分が頼られているといった意識を与える事によって、前向きに働くことができます。
例えば、面倒な作業はRobotic Process Automationに任せてしまい、クリエイティブな仕事に集中してもらうような環境作りなども重要になってきます。
面接コボットなどはRobotic Process Automationの中でも特に導入しやすいのでおすすめです。