人材育成するということは大変に難しいことです。
育成する側の体制で成功するか、失敗するかの明暗を分けますし、受ける側の個性によっても、変化してまいります。
育成の中で大切なのは、個々の能力を誉めてのばすこと、どの業務に適正かなどを判断してあげることでしょう。
育成にあたり管理者は育成を受ける側に対して、たとえ何度失敗しても決して怒りを向けてはいけません。
失敗したときは、原因と判断ミスなどを理論的に考えさせて上手に注意を促すことが大切です。
指導する側もこうゆう基礎的な教育方法を取得する必要もありますし、自己の判断をせずにあくまでも、会社の指導要綱に当てはめた自己啓発が出来る環境を整える必要があります。
人材教育を徹底していくには、まず方針をマニュアル化して、進化させていくことがたいせつです。