関西、それも近畿圏において、ベンチャー企業を興そうと思った時には、まず大事なのは事務所の立地であると考えるわけですが、やはりベンチャーなので法人契約でのオフィス賃貸はコストが高くなりすぎてしまうので、バーチャルオフィスを大阪で展開している企業と契約するということが多いそうです。
ベンチャー創業当時は、実質は営業活動ばかりで事務所にはほとんど社員はいない状態ですから、バーチャルオフィスの契約で転送電話をしてもらえるようにしておくなどのオプション契約も着けておけば、あたかも大阪に事務所がある会社として、事業を展開できるようになるというわけなのです。
バーチャルオフィスを大阪で利用することに関して、ベストだと思う点は、商業の本拠地大阪に、会社所在地として大阪の住所が名刺に印刷できて、会社のネームバリューやブランド化にも寄与するという点でして、これからの成長も期待できるのがよいと思います。